課題解決事例

ジェッティングの発生を回避する金型設計の方法

課題

成形不良改善

提案

金型仕様変更

課題

肉厚の厚い部分や、深さのあるようなゲートから金型に当たるまで距離が長い場合、プラスチック樹脂が糸巻き状になりながら充填されます。その結果、成形品の表面に蛇行したような流動痕が表面に残ったまま、冷却固化する現象が発生します。これを、ジェッティングと言い、見た目が悪くなるかつ、不良品として破棄することになるため、コストアップになることもあります。

当社の提案

ゲートから金型までの距離を短くすることで、ジェッティングの発生を抑制することができます。それに加え、ゲートの径を小さくし、プラスチック樹脂の充填スピードを速くすることで、綺麗に充填することも可能になります。
ジェッティングを防止した結果、不良品の発生も未然に防ぐことができ、コストアップを防ぐことができます。

課題解決事例 一覧

  • 製品から探す
  • 課題から探す
  • 提案から探す

お気軽にご相談ください

プラスチック成形 ソリューションNaviを運営する東商化学株式会社は、食品・医療・化粧品・理化学用プラスチックにおける課題解決により、皆様に選ばれ続けてきました。当社が培ってきた成形技術とノウハウを用いたソリューション提供により皆様の困難なお悩みを解決いたします。