課題解決事例

肉厚の均一化によるヒケの抑制

課題

成形不良改善

提案

製品設計変更

課題

プラスチック成形品において、射出成型時の冷却スピードが遅くなる箇所があると、ヒケが発生しやすくなります。
以下のように、リブの肉厚(Bの箇所)が厚いと、伸縮量の差が原因となり冷却スピードに差ができるため、ヒケが発生しやすくなります。

当社の提案

ヒケの発生を抑制するためには、肉厚の均一化が必要です。リブの肉厚(B)をベース部分(A)の肉厚の一定の割合にすることで、ヒケの発生を防ぐことができます。

強度の問題や形状制限から、肉厚の均一化が難しい場合があります。その場合は、部分ごとに冷却スピードや充填スピードを調整する、収縮率を考慮した原材料選定を行なう、等によりヒケを抑制することが可能となります。

課題解決事例 一覧

  • 製品から探す
  • 課題から探す
  • 提案から探す

お気軽にご相談ください

プラスチック成形 ソリューションNaviを運営する東商化学株式会社は、食品・医療・化粧品・理化学用プラスチックにおける課題解決により、皆様に選ばれ続けてきました。当社が培ってきた成形技術とノウハウを用いたソリューション提供により皆様の困難なお悩みを解決いたします。